はじめての方へ 2

どこで暮らすかどこで暮らすか

大切にしたいことはなんですか?

暮らしをデザインするとは大げさなタイトルかもしれませんが、そもそも「デザイン」という言葉には、“よりよい暮らしのためにこうありたいと思うことを形にするという意味があります。目的のために創造すること、これが暮らしをデザインするということです。

どのように生きていきたいのか、何を目的に家を建てるのか、明確にしましょう。また、あなたが大切にしたいことはなんでしょう。家族のコミュニケーションでしょうか、お手入れのしやすさでしょうか。それとも住まう人の健康でしょうか。目的を明らかにして、そのためにどのような家にデザインしたらよいのかを考えてみましょう。

「健康」とは身体的なことを指していますが、家という外的な環境要因が大きく影響します。きれいで快適な住まい、安心・安全な暮らしは、心身ともに健康な状態を維持する役割を担います。新築時だけでなく、それを持続できる設備や間取りも、工夫することで将来的な健康につながります。また、光熱費のことを考えて暑さ寒さを我慢しなくても、快適な暮らしは家の「性能」をよくすることで実現可能となりますし、心の健康を促します。アレルギー症状の出る方には、特に新築住宅のシックハウス症候群がでない家づくりを考える必要があります。これらはすべて、「健康」という目的のために工夫できるデザインです。

家族 イメージ

ご納得いただける形でご提案いたします。

フレスコでは、千葉県で唯一、ご家族が健康で快適な毎日が送れるよう、全棟に特許工法「炭の家」を導入しています。総重量1トンもの炭のチカラと、特許工法の「換気システム」によって、全ての部屋の空気をクリーンな状態に保ち、空気清浄、調湿ほか様々な効果を促しています。

また、お客様のご要望に合った間取りのご提案、こちらは分譲住宅に至っても注文住宅同様、当社専門スタッフが対応しています。家族のライフスタイルの変化に合わせた可変性の間取りといったような先を見据えたご提案はもちろん、住宅性能、住宅デザインに至るまで、お客様からのヒアリングを重ね、ご納得いただける形でご提案いたします。

炭の家のご紹介はこちら