はじめての方へ 1

どこで暮らすかどこで暮らすか

優先順位を話し合っておきましょう。

家づくりの第一歩は、どこにお住まいになるかを決めることから始まります。この「どこに」は、お住まいになる方が、新しい環境でどんな暮らしをしたいのか、それぞれの価値観が決め手となります。生活の利便性を優先するのか、子育て環境や住みやすさを重視するのか、まずは、ご家族で条件と優先順位を話し合っておきましょう。

また、お住まいになってから「どこに」住むかの選択を失敗したと気付いても、住み替えるか我慢するしかありません。その場所でどんな暮らしをするのか、そのためにどんな家を建てたいのか、そのあとの「家を建てる」に向けて、土地の詳しい情報を持ち、家の建築に関してもよき相談相手となるような専門家にご相談するのもよいでしょう。

土地 イメージ

「どこに」を考える際には、まず、新しい住まいに必要な予算を検討することも大切です。土地を購入したけれど、理想の家を建てる予算がなくなってしまったのでは本末転倒です。土地と建物のトータルで予算を考え、現実的に自己資金と無理のない範囲での借入金から予算の総額を出し、資金計画をきちんと立ててから決めることをお勧めします。さらに、お金のことを考える際には、最初にかかる金額だけを重視しがちですが、きちんと設計された家は、安全、健康、快適で環境にも優しく、日々の光熱費を抑えたり、将来的な医療費を削減したりすることが可能です。生涯暮らしにかかるお金(ランニングコストと言います)も加味して総予算を考えましょう。

家族 イメージ

お客様のご要望に合う情報をご提供。

フレスコでは、「どこで」暮らすかを考える際に、お客様がどんな暮らしをご希望なのかまで考えたご提案をしています。土地選びの基準となる以下の項目についてもお客様のご要望に合った情報をご提供することが可能です。

  • 「利便性」学校や勤務先、スーパーや駅などとの距離
  • 「ロケーション」敷地の形、街並みや眺望、雰囲気
  • 「安全性」地盤の情報、治安や防犯、災害のリスク

不動産会社からスタートし、地域密着にこだわって事業を展開してきた実績から、また、自社所有地の豊富さから、住宅視点での土地選びをご提案いたします。

分譲地情報はこちら