CSV / SDGs地域貢献・
サステナビリティ

フレスコの住まいでこころ豊かに暮らし、地球の未来に貢献しよう

Fresco SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

株式会社フレスコは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGsアイコン

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

Fresco x SDGs

私たちは、住宅事業を通じて「こころ豊かな暮らし」を提供し、SDGsの目標達成に貢献するために、持続可能で幸福な社会が実現できるよう取り組み続けてまいります。

こころ豊かな暮らし

Fresco x SDGs イメージ図

フレスコグループでは、新築分譲住宅事業を中心に、新築注文住宅事業、リフォーム事業と、仕入れからリフォームまでの住宅に関する一貫体制を敷き、事業の深化を図ってまいりました。経営理念を軸とし、更に未来の地球環境まで視野を広げ、2021年に理念体系の確立と、新たにパーパスを掲げました。私たちは、社会価値と企業価値を創造し、本業である事業を通じて社会課題を解決していく機会「CSV」を追求してまいります。

OUR APPROACH TO SDGs私たちの取り組み

パーパスに掲げた項目「人(住まい)」「街(地域貢献)」「地球の未来」それぞれにフォーカスし、社会課題解決に取り組んでまいります。

  • 人、住まい	健康で豊かな暮らしを住まいから
  • 街	皆が支え合えるこころ豊かな社会のために
  • 地球の未来	地球環境の豊かさを保つために

人、住まい

健康で豊かな暮らしを住まいから

雇用者の生活の経済基盤を整える
社員大工の自家育成

自社において社員大工を育成し、業界の大工不足解消に貢献するとともに、若手職人のキャリア形成と収入安定化を図ります。 特に、大工社員の採用人数の過半数を外国人とし、技術継承に貢献すると同時に、母国の経済的基盤構築に貢献します。

2025年までに掲げた目標 社員大工数20名

社員大工
フィリピン現地グループ企業での事業活動

設計業務を一部グループ企業LAPISにて運営し、現地雇用促進により、フィリピンにおける社員の経営基盤に貢献します。

2025年までに掲げた目標 自社物件対応スタッフ数26名

CADセンターLAPISオフィス内

CADセンターLAPISオフィス内

皆が支え合えるこころ豊かな社会のために

事業を展開する会社基盤を強化し、新たな価値の創造につなげる
ダイバーシティ&インクルージョン

技術と知識を備えた定年後の人材の再雇用を積極的に行い、後進の技能向上に努めます。

2025年までに掲げた目標 60歳定年を迎えた社員に対する継続雇用者の比率100%

地球の未来

地球環境の豊かさを保つために

住まいづくりを通して環境との共生を図る
住まいをつくる過程での貢献

住宅に使用されているサイディングの全てをプレカット工法による工場加工とし、現場施工による廃棄物を削減

2025年までに掲げた目標 プレカット工法による施工住宅棟数(戸建て住宅)の増加
2021年: 253棟 → 2025年 930棟

「ちばSDGsパートナー登録制度」に登録されました

フレスコは、千葉県が創設したちばSDGsパートナーとして、令和4年3月23日付けで登録されました(ちばSDGsパートナー399号)。
千葉県では、世界全体の経済、社会及び環境の三側面を、不可分のものとして調和させ、誰一人取り残すことなく、持続可能な世界を実現するための統合的取組「SDGs推進」の機運を醸成するとともに、 具体的な取組を後押しするためにこの「ちばSDGsパートナー登録制度」を創設しています。
当社では、上記に掲げた4項目を登録しております。