リフォームブログリフォームブログ

サムネイル
お子様の希望に満ちた新学期がスタートとなりました
春ですねぇ~

今回は稲毛区 S様邸の玄関の増築工事をしました。

今の玄関が暗くて狭いので思い切って玄関を変えたいとのご要望でした。



 方法はポーチを前に出して玄関を広くしさらに正面右壁に開口部を
中からFIX窓にして光を取り入れました。

玄関ドアは思い切ってオリーブグリーンにしてみました。
既存ドアがガラス部分が少ないドアでしたので
ガラスの部分が多いデザインをお選びになりました。

防犯も考慮されていて格子入りでガラスは強化ガラスです。

今回はかなり難しい工事でした。


写真で見られる壁は石の壁とジョリパット仕上げです。

石をカットして見た目がおかしくならないようにとか  ジョリパットも柄が独特でした。

お客様に玄関が本当に広く明るくなったと喜んで頂きました。

工事途中きれいに仕上がるか多少不安もありましたが、
お客様のご理解のもと工期も少し多く頂き完成することができました。

仕上がりは大変きれいになりました。
既存デザインが素晴らしい住宅なので、
できるだけ雰囲気を損なわないことが一番気をかけたことです。
当社には様々なご要望が多くあります。
お客様のご希望を出来るだけ叶えるように努力してまいります。
工期は実質2週間です。


リフォーム関するお問い合わせはお気軽に

こちら  0120-390-128

フレスコリフォーム課まで

ご相談お待ちしております。
 

サムネイル
2022年の幕開けは冬季オリンピックを楽しみながら観戦しています
自分よりも若い選手たちの活躍に、元気をもらえますよね


今回ご紹介させて頂くリフォーム工事は
千葉市にお住いの T様 のバルコニー防水工事wink

ここでいきなりですが、皆さんはバルコニーとベランダの違いはご存じですか
明確な違いは屋根があるかないかと言われています
雨の日でも濡れずに済むのがベランダ
洗濯ものが濡れてしまうのがバルコニーです

今回はバルコニーの防水工事をご紹介いたします。
他社で建築されて29年が経つ T様 のお宅



床に固い敷物が敷かれていて、これを剥がして工事を検討しようとしたところ
どうやらこれを剥がしてしまうと床全体の解体につながり
工事の規模も費用も大きくなってしまう事が分かりましたので
別の方法を模索するところから始まりました


そして決定したのがウレタン防水と呼ばれる工事方法です


ウレタンとはポリウレタンの通称で、私達の身近では、
クッションや寝具などのふかふかなモノから
合成皮革でファッションや車の内装などに使われています。
ウレタンは配合等により様々な形に姿を変える樹脂なんです


ウレタン防水工事では、塗料としてポリウレタンを利用します
樹脂を現場で塗り固める為、継ぎ目のない防水層を構築することが出来るので、
優れた防水性能を発揮し、凹凸が多い複雑な場所にも施工が可能です

樹脂塗膜の硬化速度は、1回が半日~1日かかる為、何度も塗り重ねて
防水層を形成することを考えると3~5日程度の工期がかかります
悪天候時は雨水が障害となってしまうため施工することが出来ませんwink



T様邸のバルコニーでは固い敷物による凸凹がありましたので、
まず“カチオン”という下地処理剤を先に施工して、
床面を平滑に仕上げてからウレタン防水工事を行いました


ただ、生憎の悪天候が続き・・・
T様のお宅はベランダではなくバルコニーでしたので
雨を回避することが出来なかったこともあり
通常よりも工事期間がかかってしまい5日を要しました


今回のような、工事の障害となるものがあるケースは稀かもしれませんが、
工事のやり方を工夫すれば、このように難しい工事にも対応は可能です
フレスコではお客様のご要望に対し、精一杯知恵を絞り対応して参ります

リフォームに関するお問い合わせはお気軽に
 こちら  0120-390-128
フレスコ リフォーム 木間(このま)まで
ご相談お待ちしております
 

サムネイル
2021年は、東京オリンピック開催や松山英樹選手
大谷翔平選手の活躍でスポーツが篤かったり
身近なところではワクチン接種にヤキモキしたり
個人的にはガッキーと星野源の結婚が一番びっくりした事柄でしたが、
皆さんはどんな1年でしたか


今回ご紹介させて頂くリフォーム工事は
千葉市にお住いの T様 のご新居です
築20年の中古マンションをご購入された T様 より
入居前の全体改修工事をご依頼いただきましたので
その中でも浴室と居間をご紹介いたします


入居前の浴室はこちら ↓↓↓

少し前のスタイルですね、壁も床もタイルで出来ていました。
そしてリフォーム後がこちら ↓↓↓

LIXILマンション用ユニットバス1218タイプを採用し
スタイリッシュに変貌を遂げました

以前は洗面所から浴室への入り口には、
足を上げてまたがなければ入れない形でしたが、
出来る限り解消し、フラットに近い入口になりました
浴室内にも入浴の補助に一役買う手摺が取り付き、
バリアフリーへの配慮も忘れていませんね


続いてご入居前の居間をご紹介 ↓↓↓

床は絨毯が敷かれ、以前の入居者さんが置かれていたであろう
家具の跡がくっきり残っていますね
壁紙の日焼けも気になるところでした
フレスコでリフォームをすると・・・ ↓↓↓

壁や天井など部屋全体の壁紙を張り替え、
アクセントとなる一面にはLIXILエコカラットを張ることで
メリハリのある空間に様変わりしました
エコカラットはデザイン性だけでなく、湿度調整や消臭機能があるのがありがたいですよね

床の汚れていた絨毯はフローリングに張替え、
清潔にお住いいただけるようになりましたsmiley
フローリング材はマンションの規定に合わせて
クッションの入った商品になるのですが、
色柄のバリエーションも豊富にある中からお選び頂き、
木目が際立つカッコイイもので仕上がっております
カーテンもご提案させて頂き、
居間全体のトータルコーディネートもお手伝いさせて頂きました


お引越しを済まされた T様からは
『見違えるようにきれいになった』とご夫婦共にお喜び頂けました
私どもがリフォームの仕事をする中で一番うれしくなることは、
お客様から『使いやすくなった』『すごく綺麗になった』などのお喜びの言葉を頂けたときです


貴方の今マイホームでのお困りごとや、
ご家族やお知り合いが困っていることなどありましたら、
是非フレスコのリフォームにご相談だけでもお問い合わせください

リフォームに関するお問い合わせはお気軽に こちら
 0120-390-128
フレスコ リフォーム 木間(このま)まで


2021年最後のブログ更新となりますが、
来年2022年もどうぞよろしくお願いいたします
 

サムネイル
暦も10月になり、緊急事態宣言の解除もあって
食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋・芸術の秋
そんなこれからのシーズンを満喫したいと計画中ですが、
皆様はどんな秋をお過ごしでしょうか


今回ご紹介させて頂きますリフォーム工事は
外壁の塗装と屋根の吹き替え工事です


お客様は市原市にお住いのM様
ご自宅はフレスコではなく他社で建てられたという
築11年の木造2階建ての素敵なお住い
ご紹介を経てご縁を結ばせて頂きました


建物を確認させて頂くと、屋根材が完全に劣化しており、
塗装してもすぐに剥がれてしまうような状態でした
外壁も経年劣化でよくみられるような症状が確認されました





外壁の経年劣化は、日当たりのよい面では
紫外線を受けて劣化することにより、変色したり、
”チョーキング”と呼ばれる現象が発生します
”チョーキング”は、まるで黒板を指でなぞったような白い粉が
外壁を触ると手に付着する症状です
他にも、塗装膜の浮きや剥がれ、
壁材の目地部分に当たるコーキングと呼ばれるゴム製の樹脂が
割れて隙間が発生するなどの症状も、
経年劣化によるものとして挙げられます
また、日当たりの悪い面では
藻やコケが成長して汚れて見える場合もありますね



M様に症状をすべて点検し、報告書を提出させて頂いたところ
『これなら安心して頼める!』とお褒めの言葉を頂きました


屋根の工事は、塗装することが出来ない状態でしたので
≪スーパーガルテクト≫を採用しました
リフォームに対応し、既存の屋根の上からカバー工法で改修できることや、
価格、保証年数なども総合して、数あるご提案商品の中から
≪スーパーガルテクト≫をお選びいただきました


外壁は≪トレビアンコート≫で塗装を施しました
エスケー化研のオリジナル商品で、大口取引先にのみ卸してもらえる
特別な塗料で、市販には流通しておりません
無機複合反応硬化形ハイブリッドシリコン樹脂塗料・・・名前が難しいですね
汎用的な”水性シリコン樹脂塗料”より少々値は張るものの、
塗り替え塗料として最上位に位置づけられる”水性フッ素樹脂塗料”に
迫る超耐候性を持っていて、コストパフォーマンスに優れた商品になります



仕上がった外観は、アクセントや屋根にブルーを配し、
ベースであるホワイトは以前よりもトーンを明るくすることで、
ビシッとスタイリッシュに仕上がり、M様にもご満足いただきました


今回のリフォーム工事に掛かりましたのは・・・
  工事期間 3週間
  工事費用 200万円(税別)



ご自宅をお建てになってからおよそ10年を過ぎ、
建物の経年劣化が気になっている皆様
今回の様に十分な点検を行ってから、
修繕方法や最適な塗料をご提案して参りますので、
どうぞお気軽にご相談ください

御用の際は木間(このま)まで
0120-390-128
 

サムネイル
フレスコオーナーズサイトにリフォームブログがお引越しして、
最初の投稿となります。お越しいただき誠にありがとうございます
掲載場所はお引越ししましたが、リフォームブログは変わらず皆様に、
フレスコが手掛けておりますリフォーム工事をご紹介させていただきます



今回ご紹介しますのは、浴室のリフォームです
千葉市にお住いの O様 から築23年のマイホームを
家全体の模様替えに関するご依頼を頂きました


そんな中でも浴室は、長年お手入れを重ねながら使うも
汚れが出てきたため気分一新したいとのご要望がありました

観測史上最高気温を記録とのニュースも報道される今年は本当に暑いですね。
そんな日にかいた汗を流すのに、お風呂の時間は最高ですよねsmiley


O様はご自身のこだわりを追求すべくいろいろな浴室メーカーを巡り、
タカラスタンダードの浴室に決められたそうです


実は、弊社フレスコの千葉寺本社のショールームにも浴室の展示はありますが、
会社からからほど近いところにクリナップやタカラスタンダードのショールームが、
車で15分ほどの所にTOTOやLIXILのショールームがあります
各メーカを比べるにはとても利便性が良いんですよ


そんな中からお選びになりましたタカラスタンダードのユニットバス
こだわりのポイントは浴室の構造にありました
他のメーカーですと、浴室の設置の際は、基礎コンクリート部分に6~10本程の
細い足を立てて支える構造ですが、タカラスタンダードの場合はステンレスの梁を配置し、
その上に浴槽や床を乗せる構造の為、その堅固な造りにひかれたそうです
ご主人様がショールームで実際に目にし、お決めになりました

メーカー各社、それぞれ長所と短所がありますので、それを理解して頂いた上で
自分の希望に沿う商品をお選びになるのがBESTですね



今回の工事、
工事期間は 4日間
費用は 110万円程 でした
内部のデザインはシックに決まり、ご夫婦納得の色合いとなっております


リフォームをお考えの皆様も、こだわりを見つけて、新しい生活を描いてみませんか

お見積りは無料なので御用の際は木間(このま)まで
お気軽にお問い合わせください!0120-390-128



 

サムネイル
梅雨が来ないまま夏になりそうな陽気が続いておりますが
皆様はいかがお過ごしですか❓
私は冷たい麺類の美味しい季節になったことが嬉しいですsmiley

本日もFrescoリフォームブログをご覧いただきありがとうございます
今回ご紹介させて頂きますリフォーム工事は
千葉市にお住いのT様からご依頼を頂いた
LDKの窓 新設工事です

T様は5年ほど前にFrescoで新居を建築されたOBのお客様なのですが、
住んでいく中でリビング・ダイニング・キッチンの、
毎日の大半を過ごすこの空間に、更なる開放的な住み心地を
求めるように想いが膨らんできたそうです
そして、南側の壁に窓を新設して、
明るく圧迫感の無いようにしたいというご要望を頂きました

新居の設計打合せ当初は、リビングに大きな窓がある為、ダイニング部分には壁を設計し、
シェルフキャビネット等を置くスペースを想定していたそうです
また、その壁には耐力壁を設けて、地震に対して強い構造に設計していました
しかし実際に住んでみると、リビングの窓から差し込む光では充分ではなく、
ダイニングの壁に圧迫感を覚えるようになったそうです

そんなご依頼に対し、当社では耐力壁を傷つけることをせずに光を取り込めるよう、
縦長の細長いFIX窓をご提案させて頂きました
耐力壁を避ける為に、取り付けられる窓の横幅が限られて、横幅は狭いですが、
縦に長い窓の形状は、空間に縦方向の広がりを感じさせてくれます
また窓は高いところにあるほど、室内に明かりを多く取り込むことが出来ます

工事は、窓を後から取り付ける為には既存の壁に穴を開けなければならず、
窓が取り付いてからも室内側や外壁側でも修繕を要しますので、意外と細かな技術が必要でした
  工事の期間は 2日間
  工事代金は 350,000円(税込み)

お客様から
「見た目以上に開放感を感じ、リフォームをしてよかったぁ」
                との嬉しいお言葉を頂きました

家の壁に穴を開けて、新しく窓を付けるなって発想はなかなか難しく
感じられるかもしれませんが、こういったリフォームにも
出来る限りのご要望にお応えさせて頂きますので、お住いに関する
お困りごとやご興味がありましたら
  0120-390-128
フレスコ リフォーム 木間(このま)まで
お気軽にご相談ください

サムネイル
桜や菜の花、ツツジやタンポポなどが咲き春めいた今日この頃
(花粉症の自分には本格的につらい季節でもあるのですが
Frescoリフォームブログをご覧いただきありがとうございます

今回ご紹介させて頂きますリフォーム工事は
大網白里市にお住いのT様からご依頼を頂いた
エコキュート設備の交換工事です


工事のご紹介の前に、皆さんにクエスチョンです
エコキュートのリモコンが調子が悪くなってしまいました
この時必要になる工事は次の内どれでしょう
① リモコンの部品交換
② リモコン本体の交換
③ ヒートポンプユニットなど設備一式の交換
さあ、どちらでしょうか



お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
今回のT様のケースは③に該当いたします
もちろん①や②の対応もありますので
このクエスチョンに外れはありませんでした

エコキュートをお使いの方にとって①・②に対して
③の工事になってしまった時の大きな出費を考えると
心配が膨らみますよね

③ 設備一式の交換

こちらになってしまうケースをご紹介させて頂きます。
理由は1つ
使用年数が10年を超えてくると商品自体が廃盤となる可能性が高くなり
リモコンの在庫が無くなってしまいます
対象のリモコンが無くなってしまうと、他のリモコンでは替えが利かず
結果としてエコキュート設備一式の交換工事に繋がります
ヒートポンプユニットや貯水タンクの修繕については、
廃盤になってしまっても替えの利く部品がある可能性があるそうですが
リモコンは盲点でした


今回エコキュート設備の交換工事を行ったT様も、
リモコン不調のお問い合わせからのスタートでした
交換工事は 5時間程度で終了
費用は400,000円(税別) です


エコキュートをお使いの方で、リモコンの調子が悪いと感じたら、
在庫が無くなってしまう前にできるだけ早くお問い合わせください
私どもに依頼を頂ければ、在庫があるかなどをお調べすることが出来ます

リモコンの在庫が無く、エコキュート設備一式の交換となってしまった場合
ご希望される設備一式を用意するのにも納期がかかってしまう事がございます。
お風呂にしばらくは入れない期間が発生しないためにも、
今、相談してはいかがでしょうか


お問い合わせは
0120-390-128
フレスコ 木間(このま)
まで
お気軽にお問い合わせください
 

サムネイル
2021年最初のFrescoリフォームブログを
ご覧いただきありがとうございます

今回ご紹介させて頂きますのは、玄関のフルリフォームをされました、
千葉市にお住いのM様のお宅です
千葉県に多大な被害をもたらしたあのcheeky台風cheekyで、M様のお宅でも
玄関にて雨漏れの被害に見舞われたそうですwink
来客を迎える一番の顔である玄関が、シミやカビのようなもので
汚れている状態にお困りということで、フレスコへご依頼いただきました!
M様にフレスコへご依頼いただいた理由をお尋ねすると、以前より弊社をご存じで、
お友達からの評判もきいていたため、数ある工務店を検討する中で
弊社をお選びいただいたとの、嬉しいお言葉を頂きました



今回のポイントとしては、雨漏れ被害winkという事でしたので、
目には見えない下地の部分からリフォームをすることでした
目に見える壁紙やフローリングを張り替えただけでは、一見綺麗になったように感じますが、
下地部分が湿気を含んだ状態のままとなってしまうため、
近い将来またシミやカビが発生する被害が予想されます
壁や天井を支えている下地や、フローリングの下にある床下地から交換・新設しまして、
そうした不安とサヨウナラ



M様からも「きれいになった」ととても喜んでいただきました
壁紙やフローリングの見た目だけでなく中の下地も新しくなっておりますよ
工事費用については、台風被害でありましたので自治体からの補助が受けられ、
持ち出し金額を多少抑えることもできたということです。


自治体からの補助を受けるような工事も、
フレスコにてご相談承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

最後に1つ
寒さが続く今日この頃ですが、給湯器の不調による問い合わせが多くなっております。
少しでも調子が悪いなと感じることがあれば、お湯が出なくなってしまう前にご相談くださいね
お問い合わせはこちら
 0120-390-128
フレスコ リフォーム 木間(このま)
までsmiley
 

 

サムネイル
2020年も残すところあとわずかとなりましたsmiley
コロナウィルスの影響により今までとは全く異なる1年でしたね
こちら Frescoリフォームブログをご覧いただき
ありがとうございました
来年2021年もどうぞよろしくお願いいたします


2020年最後にご紹介させて頂くリフォーム工事の事例は
2世帯同居に向けて2階にある寝室1室を
リビングダイニングキッチン(LDK)へとリフォームする工事の
キッチン設備新設工事をお届けいたします

ご依頼いただきましたのは、千葉市にお住いのY様
築20年となる親世帯のご自宅に子世帯の同居を計画され
フローリングの増し張りや、天井や壁の壁紙張替え工事など
ご自宅を全体的にリフォームさせて頂きました
そこで、特に注力させて頂いた2階キッチン設備の
新設工事にフォーカスしてご紹介いたします

まずはどのようなキッチンを設置したいか
Y様にショールームに足をお運び頂き
今回のキッチンをお選びいただきました
数ある展示品の中からお選びいただいた決め手は
ショールームの中でも1番木目の際立つ扉デザインで
インテリアに木質調を取り入れたいという
希望に合ったものと出会えたとのことです

工事の方は、キッチンキャビネットの設置よりも
付帯するガス管や給排水管の配管工事に苦労いたしました

配管などが露出してしまわないように、2階の床下に逃がした後
1階へと落とすためのパイプスペースを新設し
新築時のようにすっきりと仕上げました




配管工事、キッチン設置工事の他にも
照明器具や給湯リモコンの新設、コンセントの増設工事なども行い
今回キッチン新設工事に要した費用は
  150万円(税別)   となりました
ご自宅全体のリフォーム工事費用は別途発生しており
以上はキッチンに限定したご紹介となります


ご自宅のフルリフォームや、リモートワーク部屋への改装
キッチン・洗面などの部分的なリフォームだけでなく
照明器具1つの取り換えからでも承りますので
リフォームに関するお問い合わせはお気軽に こちら
 0120-390-128
フレスコ リフォーム 木間(このま)までご相談ください。


ライフスタイルの変容にあわせて、この年末年始
ご家族とお住まいについてお話されてみるのもいかがでしょうか

 

サムネイル
Frescoリフォームブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます
今回ご紹介させて頂くリフォーム工事の事例は、
隣地に面したお庭周りへの
コンクリートブロックとフェンスの設置工事です

ご依頼をいただきましたのは、
フレスコのOBでいらっしゃいます千葉市の I様

もともとお隣さんには、随分前に建てられたような
背の高い塀がありましたので、I様邸新築工事時には
境界ブロックを積まれなかったそうです。
ですがある時、風で飛ばされたのか、お隣さんの目隠し板が外れ、
ブロックも倒れて傾いてしまったそうです
小さなお子様もいらっしゃる I様は、お庭で遊んだ時に
怪我をしないようご自身の敷地にフェンスを設置することを決め
フレスコにご相談をいただきました

フェンスを設置したのは、約20mにも及ぶ長い敷地境界側。
家の影にもなる部分で暗い印象があり、
見通しの良いものにしたいというご希望がありました
高い塀は不審者の隠れるスペースにもなるので、最近は、
ご提案させて頂いたフェンスのように見通しの良いものが主流です




工事の期間は 1週間
工事の費用は 60万円(税別)

今回はかなり大掛かりな工事でございましたが、
お庭周りの外構も重要な家の一部です。
表面がボロボロになった古いブロックや
倒れてしまわないか心配になる傾いた塀など
街を歩いていると目につきますよね 
住宅のリフォームと一緒で、お庭周りの外構も
メンテナンスをすることで気持ちもリフレッシュ

ご興味やお困りごとがありましたら
 0120-390-128
フレスコ リフォーム 木間(このま)まで
お気軽にご相談ください