いえ日和いえ日和

奥様に人気の間取りランキング!!

 

サムネイル
住宅を計画する上でみなさん気になるのが
・人気の間取りってどんなの?
・実際の使い勝手はどうなの?
・今の住まいでの悩みは新しい家で解決できる?
などなど。

悩みだしたらキリがないので、今回は奥様に人気の間取りとその理由を含めて、注文住宅のご要望ランキングトップ3をご紹介します
 
第1位 対面キッチン

今やこのスタイルは主流となり、昔のようにキッチンが別室や壁付のタイプをほぼ見なくなりました。

料理中や後片付けをしながら子供の様子が見えて、家族との会話を楽しめるのが一番の特徴です。
さらに、最近はキッチンとダイニングが横並びになった間取りが人気です。


この配置は料理の配膳、後片づけ動線が短くて移動が楽です。
おかわりでいちいち席を立つものキッチンダイニングが向かい合っているパターンより移動距離が短くて済みます。

数人でキッチンに立っても窮屈になりにくいので夫婦で調理をしたり、お子様といっしょに料理を作って、盛り付けは横のダイニングテーブル上でと、一体で使えるので作業スペースとしても広く使えます。

フレスコSRではダイニングテーブルとキッチンをドッキングさせたパターンを展示しています。
こちらは実際にご注文いただけます。

お料理をしながら横でお子様の宿題を見たり、一緒に料理したりとシュミレーションして間取り検討にお役立てくださいね。
 


 第2位 リビングとつながる和室(畳コーナー)

おなじみのリビング続きの和室(畳コーナー)。
間仕切建具を使ってフレキシブルに空間が仕切れるところが便利。



子供を昼寝させる時もリビングから目が届くから安心です。
親御さんや来客が多いお宅は建具でしっかり閉め切れるとゲストルームとして活躍できます。

宿泊の来客が滅多にないお宅でしたら小上がりの畳コーナーもおすすめです。
リビングとつながっていながらインテリアの雰囲気を変えることができます。


 

  第3位 ファミリークローゼット

寝室や子供部屋など室内に個別に設けるものはおなじみですが、家族で共用するウォークインクローゼットも人気です。
ファミリークローゼットの場合、収納したいモノで設置場所が変わってきます。

例えば家族の普段着や下着を収納した場合は洗面室横に設置をお勧めします。
外出からの着替えから手洗いうがいの動線が最短に。
入浴後の着替えに便利。
洗濯乾燥機が洗面室にあるなら洗濯、たたんで収納が最短動線で済みます。



季節外の衣類、冠婚葬祭の衣装、旅行鞄やスーツケース、スポーツウェアなどたまにしか出番の無いものの収納には2Fのホールからアクセスできるファミリークローゼットがお勧めです。
出番の少ないモノをいつも使う個人の収納に入れておいてはスペースが勿体ないですので家族みんなでスペースをシェアしましょう。

 
以下、パントリー、SICも要望の上位にいます。
やはり、収納に対してお悩みや関心が高いのが伺えます。
 
🌸番外編🌸
 
人気上位には入らなかったのですが、今までで好評だった間取りをご紹介します。
 
■固定階段アクセスのロフト

ロフトや小屋裏収納はタラップだと、足元が不安定な上、高所恐怖症の方にはかなりの難所です。
収納の為に小屋裏を作る方がほとんどで、荷物片手にタラップの上り下りは落下の危険を伴うので細心の注意が必要です。

そこで、通常の階段で小屋裏へアクセスできれば恐怖心も和らぎ、頻繁に通えるので小屋裏の利用率も上がります。
作ってよかったと言っていただけました。




 
■独立洗面化粧室

洗面化粧台は浴室隣の脱衣室に置くパターンが一般的ですが、誰かが入浴中だと洗面化粧台が使えなくなる事も。
家族が多いお宅、年頃の娘さんがいるお宅に好評なのが、独立洗面化粧室です。



来客時、脱衣室の扉を閉めておく事であまり他人から見られたくない洗濯機周りを見られる事もなくなります。スペースに余裕があるなら脱衣室に着替えを仕舞うタンスがあるとより便利に使えます。

 
以上、人気の間取り上位+やってよかった間取りのご紹介でした。
間取りを考える際にはご自分の生活スタイルにあったプランを選定しましょう。
流行っていても、他の人がおススメでも自分に合わない、必要無い間取りではせっかくの新築も台無しになってしまいますじっくり検討してみましょう。

 
こちらも参考にしてくださいね
↓ ↓ ↓



  友だち追加