いえ日和いえ日和

「ファミリークローゼット」という考え方は、家族分の「収納」を考える上ですごく参考になります。 暮らしの動線にあった収納は、家族分の物をまとめた方が使いやすくなることも。 今のご自宅で「ファミリーコーナー」を設けたらいかがでしょうか。どこに設置すれば良いのか、ヒントをお伝えします。

今回は、リビングに設置するリクエストも多くなってきた「リビング収納」についてお伝えします。 暮らしていると、生活動線状にある収納は無理なく使えるメリットがたくさん! お客様の実際の間取りを見ながら、実際にどう設置しているのか、またどう使ったら良いかをお伝えします。

「お部屋を改造」とか「いらない物を処分して整理整頓」となると、大掛かりでなかなか重い腰も上がらないもの。 でも、身近なところから片付けてみましょう。 バッグの中、引き出しの中など、小さなところからやってみませんか? その収納方法をお伝えします。

最近の物件ではほぼ100%設置されているウォークインクローゼット。 主寝室に設けることが多いのですが、衣類だけにあらず、靴やバッグ、アクセサリー系もまとめて収納できるのが便利なところ。 すっきりとしたお部屋になるのもウォークインクローゼットがあるからという声も聞かれます。 そんなメリットや、デメリットもあわせてお伝えします。

クローゼットは、毎日出したり片付けたりと、モノが行き来する場所。 片付いていないとイライラしますが、片付けても「出したり」「片付けたり」がストレスなくできる状態にないと、すぐにまた散らかってしまいます。 そこで、いつも「きれい」が保てる収納法をご紹介します。

当社では、分譲地で建築される方も、土地探しからお手伝いさせていただいた方も、自由設計で建てられます。 ですから、収納ひとつとっても、こだわりのスタイルで設置することができます。 お客様が工夫して作られたオンリーワン収納の事例をご紹介します。

ウッドワン社の収納システムには、とても便利なものがたくさん。 整理したいモノによって使えるアイテムがありますが、お子様の成長に合わせた使い方ができるアイテムもあります。 そんな便利システムをご紹介します。