いえ日和いえ日和

お部屋丸ごとフレンチシックにするとなると、お部屋の面積の大部分を占めるフローリングや壁(クロス)を変更する必要がありますが、ここでは(賃貸の方も可能な範囲ということで)、フレンチシックな雰囲気づくりができるアイテムをご紹介します。

今回は、家事のひとつ「お洗濯」に目を向けてみたいと思います。 花粉の時期やお仕事などで部屋干しをしている方も多いと思いますが、梅雨の時期は「なかなか乾かない」し、「洗濯物が臭う」こともあったりして、気になりますよね。 できるだけ快適に過ごしたい。そんな方のささやかなヒントをお伝えします。

子ども部屋よりもリビングで学習することで誘惑に負けずに勉強できますし、近くに家族がいることで安心感と緊張感があり集中もでき、わからないときにすぐに聞けるということから学力が上がるともいわれています。 今回はリビングで勉強をするご家庭が増えてきたこともあり、リビングの収納について少しご紹介します。

宅配業者の人材不足から再配達サービスの有料化や送料の見直しが昨今話題になっています。 受け取る私たちの認識も変えていかなくてはならない時期に来ているようですね。 そんな中、留守中でも荷物を受け取れる「宅配ボックス」が注目されています。 機能や種類についてお伝えします。

おからマフィンのレッスンやイベント販売をされている「おからマフィン Maco」さん。 2人のお子さまのお母さんでありながら、精力的に活動されています。 講習会へ実際にお邪魔してきたので、その取材の様子をお届けします。

毎日増える紙モノの数々。 領収書や郵便物、子どものお便りに取説の類い。 どう片付けてますか?楽に片付けられる私なりのやり方をご紹介します。

クローゼットは、毎日出したり片付けたりと、モノが行き来する場所。 片付いていないとイライラしますが、片付けても「出したり」「片付けたり」がストレスなくできる状態にないと、すぐにまた散らかってしまいます。 そこで、いつも「きれい」が保てる収納法をご紹介します。

収納は、設ければいいというものでもありません。 使いにくいと使わなくなり、使ったものがしまわれる事なく、室内に放置されていくという負のスパイラルに陥ります。 また、動線はご家庭によって、また個人個人によって生活パターンが違うので、他の人の『絶対に便利』が自分にとっては便利ではないこともしばしばあります。 今回は、これまで当社で建てられたお客様の事例で、設計士とこだわりの間取りで建てられたご家族がいらしたので、3つほどご紹介します。